1/12(土曜)「日常との憑依-振る舞いに隠された『わたしたち』-」 リサーチ報告会

昨春より京都芸術センターと協働でおこなってきたリサーチプログラムの発表会。老舗百貨店・京都大丸の「芸能」の在り方を模索しています。最近はメンバーそれぞれ大丸でバイトしてもらい(僕も年始にバイトを。稽古でお金がいただける幸せ)、リサーチに勤しんでいます。

神と人とが出会う場所として「境界」という考え方が民俗学にはありますが、百貨店は現代の境界たり得るのか? また、その境界の地で神は人に、人は神になるとされますが、その「変身」に必要な祭祀にかわる百貨店の機能とはなにか? 労働と芸能/芸術の今日的な関係性とは? など、リサーチの経過を実演を交えて共有します。

トークゲストとして、大丸百貨店の井口さんにお越しいただきますが、実演が大丸の芸能であるかどうかではなく、より広い視点で、現代における芸能の意味や近代とはなにかを考える時間になればと思っています。

日時:2019年1月12日 (土) 14:30-16:00
会場:京都芸術センター ミーティングルーム2
詳細、ご予約はこちらから:http://www.kac.or.jp/events/24852/